読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆめのはなし

 

 

夢をよく見るので、夢日記をつけたいな〜〜と思ってから早数年。

せっかくブログを作ったことだし、夢を見たらここに書こうとおもう。

 

というわけで、こないだのゆめのはなし。

 

 

いきなり自宅の周りが火の海。隣の家もボーボー燃えていて、今にも自宅に火がうつりそうだった。家の中にいたわたしは、犬と猫を一心不乱に移動用のキャリーバックのようなものに詰め込んでいた。なんとか詰め込んだと思ったときに父が何故か消防車で帰宅し、うちは燃えないから!うちは燃えないから!と連呼していた。庭らへんや壁は燃えていて焦げていたが、なんとか鎮火してほっとしたのもつかの間、場面が変わる。

私と現実では出会ったことはないけれど多分ともだちみたいな感じの人が畑の真ん中にいた。どこかに行こうとしたのだけれどよくわからんおばあさん?おじいさん?のようなひとに阻まれる。あとなんかすごい急かしてくる。行くことを阻むのに急かしてきていやなひとだ。

そしてまた場面が変わる。わたしは魔女見習い?みたいな感じで、おなじ魔女見習いみたいなひとたちとともに人間世界から隔離されていた。多分ハリー◯ッターのホグ◯ーツ的なアレみたいな感じだとおもう。ただ、魔女見習いたちは人間世界には自由に行けないようだった。その上隔離された場所ではあまり良い扱いはされていないみたいで、わたしも家に帰れない。そんな場所が嫌で嫌で、わたしはどうしても人間世界に帰りたかった。でも逃げるということがバレたら大変なので、人間のふりして世界と世界の狭間であるエスカレーターをかけおりて、無事に人間の世界に帰れたのだった。そこからなんだかんだでデザイン事務所?のようなところでみんなで働かせてもらうことになるというところで目が覚める。

 

 なんかよくわからない間に労働させられている上に結局家に帰れてない。かわいそう。ほんとはもっと場面がコロコロ変わってた気がするけれど3日くらいまえの夢のことだから忘れてしまった。

なんだか夢にみたことを文字に起こすのってとっても難しい。というかそもそも日記を書くことや文章を書くことに慣れていないのでどんどん書きたい。

 

今日も夢を見よう。

 

おわり